RUSTY LIFE

のんびりマイペース、そんなラスティの気ままな絵日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

Start Me Up 



アホでグズな父ちゃんだからか・・・。
企画やイラストなど仕事で机に向かうのは、いつも締め切りギリギリにななってからだ。
※言い訳じみているけれど、一応、それまで頭の中ではいろいろ考えているのです(笑)。

まぁ、当然、最後はいつも四苦八苦、七転八倒。
毎回、今度こそは早く始めて余裕を持ってやろう、なんて反省するものの、
なんとか無事収まってきたせいか、結局、何十年もその習慣は変わらない。

時間、締め切りが、
アホでグズな父ちゃんの背中を押してくれている、
仕事モードのエンジンをスタートさせてくれている、
ということなんだろう。

とはいえ、ついこの前、人生初めての体験。
締め切り当日、作業中にMacがクラッシュ!

OH, MY GOD!

少しでも早く始めていれば対処の方法もいろいろあった、と反省した。
ただ、喉元過ぎればナントやら、
学習能力皆無の父ちゃんの背中を押してくれるのは締め切り以外(人、事、モノ)何か・・・。



ぼんやりと。
誰かや何かに支えられ、後押しされて、スタートすることは恥ずかしいことではない。
人はひとりで生きている訳ではない。
自分ひとりで決断し行動していると思うことこそ傲慢なのではないか。
そんなふうに思う。


プール1

レトリーバーの足には立派な水掻きがある。
この犬種の育まれてきた経緯を考えれば、
当然、みな泳ぎが上手く、水遊びが大好きだということになる。

とはいえ、現実には、
恋愛下手なフランス人、無口なイタリア人、根暗なアメリカ人、
控え目な中国人、踊りの下手なブラジル人、ずぼらなドイツ人、
などがいるように、
水が恐い、水が苦手、というびびりのレトリーバーがいてもおかしくはない。

実際、水辺やプールなどで、
ウロウロ、オロオロ、なかなか水に入れないレトの姿をしばしば目撃する。
ただ、キッカケさえあれば、人間のそれらとは違い、
案外簡単に順応できるように思う。


余談ですが。
海で犬と一緒に泳いだときのこと、
遊んで欲しいのか、ただ疲れていだけなのか、
彼は父ちゃんに近づいてきて、そして、掴まってくる。

差し出してくる手は水掻きを目一杯広げるため爪が立っていて、
結果として、父ちゃんの躯は赤く腫れた爪痕だらけ!

OH, MY DOG!

色っぽいものとは確実に違うのだけれど、
やっぱり、恥ずかしかった。





今回のテーマ曲はThe Rolling Stonesの『Start Me Up』。
アルバム『Tattoo You』に納められている。
リンクを貼ったのは彼らが70歳前で行った最近のライブ映像。
ちなみに、楽曲の発表された’81当時の公式PVはこちら。
是非、見比べて欲しい。
30数年経てジジイになっている彼らの方がパワフルでカッコいいと思うのは父ちゃんだけか?


「Start Me Up」
父ちゃんのエンジンをスタートさせるためにクリックを!

人気ブログランキング
banner_02.gif

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
スポンサーサイト

Teach Your Children 



まぁ、年齢を重ね、経験を積んで、それなりの知恵もついて、
父ちゃん、多少は賢くなったのではないかと思う時がある。

錯覚(あははははははは)!

久しぶりに訪れたお気に入りのラーメン店。
前回、大盛りで少し物足りなかったこともあるし、
料金は同じ、ならば!と欲も重なり特盛りを注文。

ところが、途中でお腹がいっぱいになり、
でも、残すのは頼んだ手前カッコ悪いし、
食べ物を残すなんてもったいなくてできないし。

なんとか食べ終わる頃には、
苦しいだけでなく気持ちまで悪くなってしまった(涙)。

OH, MY GOD!


秋の日は釣瓶落とし。機能・体力・気力の衰えを自覚すべきところを、
セルフイメージが若い時のまま、更新できていない。
しかも、相変わらず、カッコつけたり、欲に負けたり・・・。

バカというより愚かな父ちゃんに、
上手な年の重ね方、誰か教えてくださいませ(笑)。


柵

穏やかで、優しく、献身的、
そして、賢い。

いつものように、遊んで欲しい、褒めて欲しい、
と、長く大きな枝を得意げに銜えてくる。

??????????

前へ進めなくなっている事態に戸惑いつつ、
それでも、何度も何度も繰り返し前へ進もうとする。
哀しげな声さえこぼしながら・・・。

OH, MY DOG!

バカだなぁ、とおもいつつも可愛く愛おしい。



バカは可愛げがあるけれど愚か者は救いようが無い、
と、父ちゃんは教えられた訳です。


Déjà Vu

今回のテーマ曲は、Crosby, Stills, Nash & Youngの『Teach Your Children』。
父ちゃんの大のお気に入りのアルバム『Déjà Vu』のなかの一曲。
映画『小さな恋のメロディ』のラスト、
マーク・レスターとトレイシー・ハイドがトロッコで走り去るシーンに使われている。
中学生の頃、初めてのデートで見た映画(汗)!
映画ではビージーズの曲が多く、しかも、メインのように使われているけれど、
父ちゃん、C,S,N&Yのこの曲が一番印象に残ったことを覚えている。
つい最近、C,S&Nの日本でのコンサートがあって、みんなお腹が出て好々爺といった感じになっていた。
『小さな恋のメロディ』にストーンズのミック・ジャガーはポスターで登場していて、
映画を見た当時はさほど惹かれなかったけれど、
今のミックやキースの相変わらずワイルドなままという年の重ね方は憧れるなぁ。



70になった時、ミックやキースのようでいたいと願うアホな父ちゃんに、
そりゃ、ムリ!それこそ愚かな願い!と、教えてくれるクリックを!

人気ブログランキング
banner_02.gif

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。