RUSTY LIFE

のんびりマイペース、そんなラスティの気ままな絵日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

RETRIEVER MEET 2015 


『RETRIEVER』(エイ出版)編集部から、
本日おこなわれる『RETRIEVER MEET 2015』の似顔絵イラストイベントへの参加依頼が!

OH, MY GOD!

6年振り?

今回は、いつも雑誌にイラストを描いている複数のイラストレーターが似顔絵サンプルを展示し、
イベント参加者のみなさんはそれを参考に好みのイラストレーターにオダーするというシステム。

再びメンバーに加えてもらえたのは嬉しいけれど、不安でもある。

編集部からは、イラストは葉書サイズで、サンプルを3〜4点というオーダー。
そこで、編集部へ送ったたものが次の4点。


サンプル(葉書サイズ)1


サンプル(葉書サイズ)2


サンプル(葉書サイズ)3


サンプル(葉書サイズ)4



はたして希望者がいるのか・・・。



人気ブログランキング
banner_02.gif


にほんブログ村 ゴールデンレトリバー
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ



スポンサーサイト

Love is blind 





『結婚前は両目を見開き、結婚後は片目を閉じて見よ』

と言ったのは誰だっけ?
高名な文豪だったか哲学者だったか・・・。
あれれ、ひょっとして、バカボンのパパの言葉?

そもそも、結婚後は『片目を閉じよ』ではなく、『両目を閉じよ』だった?


現実は『恋は盲目』で、結婚前は両目を閉じ、結婚後に両目を見開く、
ということが多いからこそ生まれた言葉なんだろうなぁ。


父ちゃんが勤めていた会社の先輩に、
旦那さんは11回目の結婚、奥さんが13回目の結婚という強者夫婦がいたっけ。

OH, MY GOD!


金言・名言・箴言・格言は、ほとんどが先達の失敗経験から生まれた知恵。
ただ、それらは所詮、他人の経験談。理解はできても借り物なわけで、
哀しいかな、結局、人は自ら体験して初めてそれらの言葉の意味が腑に落ちるんですね。
かてて加えて。
先人の残した教訓を自ら痛い思いをして得心し身に付けたたはずなのに、
懲りずに、また同じことを繰り返すわけです(あははははははははは)。

昨夕飛び立ったミネルバの梟も、夜が明け新しい一日が始まれば再び眠ってしまうのか・・・。

恋の力、恐るべし。
それにしても、なんて人は愚かで、そして、愛おしいんだろう。


網戸


雑誌『RETRIEVER』(エイ出版)の読者である伊藤さんのエピソードに、
愛犬ゴールデンのハルが網戸を突き破ったというものがありました。
それがどういう状況だったのか詳細は伺い知れないけれど、
体重30〜40キロのレトが駆け抜けたら起こりうると容易に想像できます。
※今回のテーマは『RETRIEVER、2014年1月号』に描かせてもらったそのイラストに加筆したものです。

レトリーバーは明るくヤンチャなうえ好奇心が旺盛だったり。
なによりも優しくフレンドリーな性格。

もちろん個体の性格でその程度は違うけれど、
父ちゃんの経験では、穏やかでびびりで絶対的な平和主義者で無垢な愛情に満ちあふれている印象が強い。

実際、散歩の途中出会った、人は勿論、犬、猫、鳩、いかなる生き物に対しても、
好奇心と、そして、仲良くしたい一心だけで近づいていくのです。
警戒、威嚇、怒り、で吠えるところを見たことがありません。

猫と出会った時も、鼻先に猫パンチをくらい、血を流しながらもキョトンとしていたっけ。
きっと、空き巣と出会っても満面の笑みを浮かべ、
シッポをブンブン振って、撫でてもらいにいくに違いないと確信できるほど(笑、汗、涙)。

OH, MY DOG!


伊藤さんちのハルも、庭先にいた猫や鳩を見つけて、
嬉しさのあまり、網戸の存在を忘れてしまったのかもしれない。



513c2LE4KsLのコピー

今回のテーマ曲はジャニス・イアンのアルバム「Aftertones」から『Love is blind』。
日本人好みのメローな曲で「Jecce」「At Seventeen」「Will you dance?」などヒットを重ねていたっけ。
当時の恋愛記憶を思い返すと、今更ながら赤面することばかり・・・。

後年、「Will you dance?」が使用された資生堂のCMがあり、
そこでは前田美波里さんとチョコラブが出演していて素敵な情景を見せてくれていました

前田さんが書道展で鑑賞しているシーンがあって、見ているその作品も当然ながら印象的なものだったり、
細部にまで神経が行き届いていて、まぁ、とにかくセンスの良さは、さすが資生堂と思ったものでした。
そう、ナレーションコピーも感動的に素晴らしく、名作CMとして父ちゃんの記憶に強く残っています。

ジャニス・イアン、秋の宵に聴くと心に滲みてくる名曲ばかりです。



父ちゃんは片目だけで見られてもアラばかりのおっさんです。
是非、両目を閉じてクリックを!

人気ブログランキング
banner_02.gif


にほんブログ村 ゴールデンレトリバー
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。